茨城新聞データベース 総合案内
 茨城新聞データベースとは
 システムの特徴と検索方法
 データの蓄積量
 商品タイプと月額利用料金
 有料会員 申し込み
 有料会員(一般) ログインページ
 法人のお客様の申込み
 会員規約
 法人のお客様有料会員 ログインページ



【茨城新聞データベースとは】
茨城新聞データベースは、「記事」 「写真」 「紙面」 が相互にリンクした、三位一体型の統合データベースシステムとして2002年からサービスを開始。インターネットを活用した本システムは、茨城新聞に掲載された さまざまな情報を、世界中のどこからでも瞬時に検索することが可能です。さらに、本システム内のデータは相互に 「関連付け」 がされています。茨城新聞データベースは 企業情報や人事情報、事件・事故、釣り情報や料理レシピなど、ビジネス ・ レジャーを問わず、利用者の強力な情報源となることでしょう。さらに2018年12月からは茨城新聞紙面の2次元バーコードやホームページからアクセスできる動画も収容。クレジットカードがあれば、「茨城新聞パスポート」の会員登録をすれば、曜日や時間帯に関係なくすぐに利用ができる仕組みがスタートしました
  • 本システムは、検索結果の画面構成上、パソコンのブラウザでの利用向けとなっています。推奨ブラウザはありませんが、使用にあたり、CookieとJavascriptを有効にする必要があります。
  • スマートフォンでも利用は可能ですが、記事検索画面の文字はパソコンと同じものとなります。また、紙面イメージはPDFファイルを開いて閲覧しますが、近年のカラー紙面は1ページあたり平均で1MB強程度の容量があり、パケット通信の場合、通信容量を消費します。
  • 紙面イメージのPDFファイルは、パソコン用Adobe Reader以外のPDFビューアーでは一部も文字が正しく表示されない場合があります。