題字


 茨城新聞データベース 総合案内



 茨城新聞データベースとは
 システムの特徴と検索方法
 データの蓄積量
 商品タイプと月額利用料金
 会員規約
 有料会員 申し込み
 有料会員 ログインページ







【茨城新聞データベースとは】
茨城新聞データベースは、「記事」 「写真」 「紙面」 が相互にリンクした、三位一体型の統合データベースシステムです。インターネットを活用した本システムは、茨城新聞に掲載された さまざまな情報を、世界中のどこからでも瞬時に検索することが可能です。さらに、本システム内のデータは相互に 「関連付け」 がされています。
茨城新聞データベースは 企業情報や人事情報、事件・事故、釣り情報や料理レシピなど、ビジネス ・ レジャーを問わず、利用者の強力な情報源となることでしょう。

※基本動作は データベース体験版(無料) で確認できます。
※本システムは、マイクロソフト社のインターネットエクスプローラ (IE 5.0)以上でご利用ください。


【詳細説明をご希望の場合は】
出張説明会を承ります。本システムの開発担当者が1時間程度で、基本操作や活用方法等をご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。


【日経テレコン21会員の方へ】
茨城新聞データベースは 「日経テレコン21」 からもご利用いただけます。(但し、「記事データベース」のみ)









【本システムの特徴と検索方法】
本システムは 「完全一致型」 の検索 を採用しています。 類義語検索は行ないません。
データベースの内部では ”しんぶん” と ”新聞” や ”てれび” と ”テレビ”  は、それぞれ ”別の言葉” として扱われます。 また、検索結果は登録日が最新のデータから順に表示されます。

検索方法は 「キーワード 検索」 と 「条件指定検索」 の2種類を用意しています。
キーワード検索では、下表の複合検索を利用すると 「1つの言葉」 で検索するより、効率的な検索が可能です。

検索名 イメージ図 検索記号 入力例 意味
AND検索
(論理積)
A*B AとBの両方
OR検索
(論理和)
A+B AまたはBのいずれか
NOT検索
(論理否定)
A#B AでありBでない










【データの蓄積量】
キャビネット 蓄積期間
記事データ 2002年03月(平成14年) ~ 現在まで
写真データ 2000年09月(平成12年) ~ 現在まで
紙面データ 1891年07月(明治24年) ~ 現在まで

※データ量は毎日増加します。
※閲覧範囲は「商品タイプ」により異なります。









【商品タイプと月額利用料金】
商品名 検索期間 月額料金
(一般)
■データベース・ライト 過去6ヵ月 ¥4,000(+税)
■データベース・スタンダード 無制限 ¥10,000(+税)

※入会金・年会費は必要ありません。
※年間利用を原則とさせていただきます。
※本システムは 「IP認証方式」 を採用しています。
 ・月額利用料金は1ネットワーク(LAN)を1単位とします。
 ・支店や支社を有する企業が全社利用する場合は、追加IPのお申込みが必要です。
 ・利用者が100名を超えるネットワークは、追加IPをお申込みください。
  (IP追加料金は、各商品タイプの半額にてご提供させていただきます)








【会員規約】


株式会社茨城新聞社は、「茨城新聞データベース」 をご利用になる皆様が、当サービスを円滑かつ有効に活用していだだく為に、以下の「会員規約」を制定いたします。

本規約をご承諾のうえ、当サービスにご入会いただきますようお願い申し上げます。

第1条 [会員]
(1)会員とは、本規約を承諾のうえ、株式会社茨城新聞社(以下当社という)が運営する「茨城新聞データベース」の情報提供サービス(以下サービスという)の利用を申し込み、当社が入会を認めた方をいうものとします。
(2)18歳未満で入会を希望される方は、入会申し込みの際に保護者の同意が必要です。

第2条 [サービスの内容]
(1)「茨城新聞記事データベース」の情報提供
(2)「茨城新聞写真データベース」の情報提供
(3)「茨城新聞紙面データベース」の情報提供
内容によって、一部公開できない情報があります。

第3条 [サービスの提供]
(1)会員は、第2条に示すサービスの内容について、当社がその迅速性、正確性または有用性を保証するものでないことを予め承諾したものとします。
(2)当社は、サービスの利用によって会員が被害を被った場合でも、一切その責を負わないものとします。

第4条 [サービスの利用料金]
(1)当社が提供するサービスの利用料金は、当社が別途定めるものとします。
(2)会員は、サービスの対価として当社が別途定める「月額利用料金」を当社の請求に従い支払うものとします。
(3)当社はサービスの利用料金をホームページで告知し、変更できるものとします。

第5条 [ID・パスワード]
(1)サービスの利用に必要なID・パスワードは、当社が定め会員に通知するものとします。
(2)会員は、自らの責任においてID・パスワードを使用・管理し、使用上の過誤または第三者の不正使用による損害等については、当社は一切その責を負わないものとします。

第6条 [サービスの保守と点検]
(1)当社は、サービスの運用状態を良好に保つため、会員に通知することなくサービスを停止し、必要な保守および点検をすることができるものとします。
(2)天災、事変、その他不可抗力により生じたサービスの提供不能・中断については、当社は一切その責を負わないものとします。

第7条 [会員の義務]
会員は、当社のサービスを利用するにあたり、次の各号の事項を遵守するものとします。
(1)サービスから知り得た情報を複製(コピー)・販売・無断転載しないこと。
  付記 情報の著作権は、株式会社茨城新聞社または各情報提供者にあります。
(2)当社が提供したサービスにより利用しうる情報を改ざんしないこと。
(3)当社が承認した場合を除き、営利を目的としたサービスの利用をしないこと。
(4)当社が付与したID・パスワードを第三者に漏えいしないこと。
(5)会員としてサービスを受けられる権利を他に譲渡または貸与しないこと。
(6)当社のサービスに支障をきたす恐れのある行為をしないこと。
(7)サービスから知り得た情報により、他の人権を侵害したり、名誉、プライバシーを損なうような行為をしないこと。
(8)公序良俗または法令に反する目的でサービスを利用しないこと。

第8条 [会員資格の喪失]
当社は、会員が次の各号の事項に該当したときは、直ちに会員資格を喪失させることができるものとします。
(1)本規約に7条に定める [会員の義務] に違反したとき。
(2)サービスの利用料金を支払い期日を過ぎても支払わないとき。
(3)当社が「会員資格を喪失させることは相当」と認める事項が生じたとき。

第9条 [会員の損害賠償義務]
会員がサービス利用に関し、第三者に損害を与えたときは、すべて会員の責任と費用を以って解決を図るものとし、当社は一切の責任を負わないものとする。

第10条 [規約の変更]
本規約の変更は、当社がホームページで告知し、その内容を変更できるものとします。

第11条 [変更事項の届出]
会員は、入会申込書の記載内容等に変更が生じたときは、速やかに電子メールまたは電話、FAX、郵便にて当社に届出するものとします。

第12条 [退会]
(1)会員が退会する場合、退会する月の最終営業日までに、電子メールまたは電話、FAX、郵便にて届け出てください。
(2)退会される会員には、退会時までに発生した料金を当社の指定する方法でお支払いいただきます。

第13条 [会員資格の有効]
会員資格は [会員資格の喪失] または [退会] のいづれかの事由が生じない限り、有効に存続するものとします。

第14条 [本規約の発行]
本規約は会員に対して当社が、ID・パスワードを交付した時点より効力を生じます。

第15条 [合意管轄裁判所]
会員と当社との間で訴訟の必要が生じたときは、水戸地方裁判所を管轄裁判所とします。

付則
・平成15年 1月31日 規約制定

以上






 © THE IBARAKI SHIMBUN Co.,Ltd. All Rights Reserved.
茨城新聞社 デジタル編集室
TEL:029-239-3028 / FAX:029-301-0362